店舗設計を通じ、街を未来をカタチづくります。

東京スペース

店舗設計を通じ、街を未来をカタチづくります。

文字の大きさ

スタッフブログ

2018年05月24日 10:02 | スタッフブログ 女性を惹きつける明るくスタイリッシュなカラオケ店

東京都府中市 京王線府中駅から徒歩1分の好立地にあるカラオケボックス『フラココ府中店』のエントランス改修工事を承りました。少々年季の入った受付カウンターとその周辺をリニューアルしたいとのお話しをいただき、昨年末現調をし、419日無事工事が完了しました。

 

フラココ施工後①

 

シックな色調の店内を、白を基調とし、赤をポイントにしたスタイリッシュな雰囲気に演出してほしいとイメージをお伝えいただきました。

 

フラココ施工前
施工前
フラココ施工後②
施工後

 

背面の造作棚は撤去し、目線高にはタイル貼りの壁にシンプルに赤のロゴをデザインしました。目線下には扉付きカウンターを造作し、機器の充電等に必要なスペースを集約させました。エレベーターの扉が開いた瞬間の印象を、より店名ロゴに向けるため、周辺の色味を抑え、すっきりとさせることにこだわりました。

 

フラココロゴ
背面ロゴ
背面造作棚
背面造作棚

 

受付カウンターの天板はそのまま生かし、表面をこげ茶から白系のダイノックシートに貼り替えました。カウンターの端をカットし、スイング扉を設けることで新たな動線を確保しました。アンティーク調のシーリングライトをおしゃれなペンダントライトとダウンライトに変更しシャープさを演出しました。

受付カウンターの天板はそのまま生かし、表面をこげ茶から白系のダイノックシートに貼り替えました。カウンターの端をカットし、スイング扉を設けることで新たな動線を確保しました。アンティーク調のシーリングライトをおしゃれなペンダントライトとダウンライトに変更しシャープさを演出しました。

 

フラココシーリングライト
施工前
フラココペンダントライト
施工後

 

全体を明るく、さわやかな空間に仕上げました。女性のお客様が多く来店されるので、清涼感ある雰囲気はきっと気に入っていただけると思います。駅近ではめずらしい最大30名まで利用できる大部屋も完備されています。ヒトカラから二次会、三次会の大人数でのご利用に是非お立ち寄りください。

2018年03月23日 17:09 | スタッフブログ 店舗デザイン.COMのインタビューを受けました!

昨年12月に施工をさせていただいた吉祥寺の『焼肉KAYA』さま。

焼肉KAYA
焼肉KAYAさん外観
KAYAスタッフの皆さんと
KAYAスタッフの皆さんと

 

店舗デザイン.COMの『利用者の声』でインタビューを受けられましたのでいくつかご紹介します。

このデザイン会社に依頼した決め手は?

デザイン会社と店が近かったことと、予算に合わせてプランをしっかり立ててくれたことです。さらに、担当の方が丁寧に対応してくれたことが決め手でした。

 

デザイン会社の対応はいかがでしたか?良かった点、上手く行かなかった点があれば、お聞かせ下さい。

デザイン会社東京スペースさんへ依頼した当初は、2つ隣の区画で物件を検討していましたが、設備の関係で今の場所になり、内装・デザイン・費用の面で何度も打ち合わせをしました。こちらの要望を併せて、時には無理なことも相談に乗ってくれてとても対応は良かったです。

 

店舗PRや今後の目標についてお聞かせ下さい。

黒毛和牛のA5ランクを使い、色々な部位のお肉を楽しめます。その他創作料理や、数種類のキムチを含む韓国料理などのサイドメニュー、旬の野菜を活かした数々の料理も味わうことができます。それらの料理に合わせて、多種多様なお酒も楽しむことができます。

https://www.tenpodesign.com/example/detail/730

 

私達も金さんのお店を作らせていただいたことを誇りに思っています。
是非皆さんにもお越しいただきこの温かな雰囲気と格別なお味を堪能していただきたい!
益々のご発展を社員一同祈念しております。

2018年02月01日 15:26 | スタッフブログ 透析の苦痛が少しでも和らぎますように

平成1771日、神奈川県南足柄市関本、伊豆箱根鉄道大雄山線『大雄山駅』駅前に大雄山セントラルクリニック様が開院いたしました。

神奈川県秦野市で37年、地元の方々の健康を支えてこられた医療法人桃一会 及川医院様が経営する内科、透析科を診療科目とするクリニックです。

大雄山セントラルクリニックエントランス

長い時間をかけ治療が行われる透析の苦痛を少しでも和らげて差し上げたいと、『ホテルのように落ち着いた空間』のコンセプトの下、リゾート地をイメージしたリラクゼーションスペースと全室個室のホスピタリティを重視した設計で、患者様はリラックスし治療を行っていただけます。

大雄山セントラルクリニック受付

大雄山セントラルクリニック個室

透析を必要とする患者様の数は年々増え、2016年には推定33万人と言われています。透析は週3回、14時間を標準とし治療を行います。大変な時間と負担がかかりますね。腎臓の機能が低下すると腎不全といわれる状態になります。その中でも急速に機能が低下する急性腎不全と長い年月をかけて低下する慢性腎不全があり、透析を必要とする疾患は慢性腎不全のようです。自覚症状があまりなく、夜間尿、むくみ、貧血、倦怠感などが現れたころにはすでに病気が進行している怖い病気なのです。

原因はさまざまなものがあるようですが、この病に罹らないためには生活習慣病やメタボリックシンドロームを予防し、体調の変化に気を付ける必要があるようです。こちらの病院は内科の診療も行っているため、総合的に患者様の体調をサポートしていただけると思います。地域の皆様のかかりつけ医としてご利用いただけることを願っています。

月・水・金・祝日は夜10時まで透析診療を行っているので、お仕事をされながら治療をする方には助かりますね。片道30分圏内の一部の地域に限り無料送迎を行っています。ご家族の負担も軽減されますね。

どうか多くの慢性腎不全の患者様が少しでも負担を感じず、笑顔でご帰宅されますように。