店舗設計を通じ、街を未来をカタチづくります。

東京スペース

店舗設計を通じ、街を未来をカタチづくります。

文字の大きさ

スタッフブログ|オープン情報

2019年12月12日 16:41 | オープン情報 池袋東口に『厳選煮干しらーめん二代目にぼ助』が開店

にぼ助外観

 

東京・池袋東口サンシャイン通りを中に一本入った『池袋ラーメン激戦区』に厳選煮干しらーめん 二代目 にぼ助が開店しました。国内外に多くのブランドを展開している外食運営会社のラーメン新業態を創る為、内装設計施工会社としてロゴの制作から参加させていただきました。

新しいブランドを創り上げる過程の中で、クライアントと密に打合せを繰り返し、ブランドコンセプトへの理解、美味しいラーメンを作る苦労や提供するオペレーションなどについても詳しく伺い、クライアントの立場にたってデザイン提案をさせていただきました。

ロゴデザインは、ブランドイメージの構築と共に行われ、今回の立地条件でどのように認識できるかの視覚的要因、和の素材感が強い『煮干し』『魚介』から受ける直感的要因から検討を重ね仕上げていきました。ブランドカラーとして、カタクチイワシの背色の『青灰』と海の色をイメージする『濃藍』の中間色として『藍鉄』を提案、店内ののれんや入口のサインにも全体を引き締めるアクセントカラーとして使用しています。

にぼ助ロゴ
にぼ助ロゴ
ラーメンイラスト
店内らーめんイラスト

 

外部デザインは、店舗入口が少し奥まった立地であるため、いかに視認性をよくするかが大きな課題でした。ロゴデザインを含めた外観のイメージパースを様々なパターンご提案し、打合せを重ねました。その結果、メインサインを内照とし、ラーメン画像を用い視認性を意識、自立式看板も取り込んで街行く人にアピールできるよう考えました。

にぼ助入口サイン
にぼ助入口サイン
にぼ助自立式看板
にぼ助自立式看板

 

店内は、厨房を一望できるオープンキッチンの臨場感と、厨房からカウンター席・テーブル席へ直接配膳ができるよう効率性を重視したいとのご要望を受け、53㎡の限られたスペースを有効的に活用し、厨房が入口から奥まで見渡せて客席を囲むように設計を行いました。内装デザインは、クライアントのご要望を取り入れた温かみのある生成り色の壁紙に節の少ない落ち着きのある濃い色の木目を用い、下がり壁には間接照明を配置しました。短い滞在時間の中でも気持ちよく食事できる清潔感のある空間を目指しました。

にぼ助内観

換気量などの設備設計の問題点については、社内で検討を重ねクライアントや各管轄と対話を持ちながら対処いたしました。

オープンから二週間。連日多くのお客様がにぼ助に足を運んでくださっています。二代目にぼ助の味を、心地いい空間の中で楽しんでいただければと思っています。

煮干し醤油らーめん
煮干し醤油らーめん
濃厚魚介らーめん
濃厚魚介らーめん

2019年12月12日 09:44 | スタッフブログ ネッツトヨタ多摩㈱東大和店 リニューアルオープン

ネッツトヨタ多摩東大和店外観

 

ネッツトヨタ多摩㈱東大和店様が、東京都東大和市、新青梅街道沿いの東大和警察署横に前店舗面積を大幅に拡張し、2019822日にリニューアルオープンいたしました。2022~2025年を目途にトヨタ自動車では国内の全販売店全車種併売化の実施を目指していますが、東京都内のトヨタ販売店は41日より先行して全車種販売に踏み切り、ネッツトヨタ多摩様は東大和店様が新店舗としての1号店となりました。

当社は、設計・設計監理に携わらせていただき、無事オープンを迎えることができました。当日は、オープン前からトヨタ車ファンのお客様がお子様と一緒にお越しいただき、オープンを今か今かと待ちわびているご様子でした。

店舗は以前に比べ、敷地全体で2倍、店舗面積は4倍の広さとなりました。

旧店舗は三角屋根の一部二階建ての特徴的な建物でしたが、8mを超える高さの新店舗は、建物の大きさから受ける圧迫感をいかに軽減するか、且つ先進的なシャープさを兼ね備えた素材は何かを検討を重ね、凹凸のある金属サイディングを採用しました。キャノピーも広く配置し、お車でお越しのお客様が雨に濡れることなく入店いただけるよう設計いたしました。

 

建物南・西側には5mを超える透明フロートガラス張りの吹き抜けのショールームを配置し、床は柔らかな白色のセラミックタイルを敷き、明るい日差しが部屋全体を包み込むような開放感を演出しています。小さなお子様をお連れのお客様にも安心してご相談いただけるよう授乳室や待合い横にはキッズスペースも設けています。

ネッツトヨタ多摩東大和店ショールーム

整備工場では同時に4台の車両のメンテナンスができる作業スペースと1台の検査スペースが完備されました。床は機能性と美しさを兼ね備えたゴムタイル・ノラメントを採用しています。耐衝撃性、耐オイル性、防滑性、メンテナンス性にも優れた製品で作業効率も上がることが期待できます。

ネッツトヨタ多摩東大和店整備工場女子トイレ

 

トイレはホッとできる落ち着いた空間であるようにとのご要望から、高級感のある濃いブラウンとグレーを基調とした室内プランをご提案いたしました。女性の顔色が美しく映えるLED照明付のスタイリッシュな鏡を配置し、プライベートな空間も心地よく感じていただけるよう配慮しました。

屋根にはソーラーパネルが設置され、災害時等に地域の皆様に電源供給が可能になるよう万全の準備を整えていらっしゃいます。店内のモニターでは納車後の修理・点検作業の様子やソーラーの発電の数値等を確認することができます。

ネッツトヨタ多摩様のCSR基本方針の中に、『お客様第一主義』という信念に基づき企業活動をされているとあります。今回、設計を担当させていただき、その過程の随所でこの志しがスタッフの方に浸透していることを感じました。『お客様のために。地域にお住まいの方のために』とのお言葉を何度も話され、照明の明るさや音漏れに関しても細かに確認をされていました。お仕事をさせていただき、地域で愛され信頼される素晴らしい企業であることを深く感じました。

2018年10月23日 11:00 | スタッフブログ 国分寺北口再開発ビルcocobunjiWEST5階に『カフェローカル』がOPEN!

北口駅前開発が進む中央線「国分寺」駅。国分寺市は東京のほぼ中央に位置し、都市近郊ながら水と緑に恵まれ、農地が今なお多く点在しています。

お鷹の道など史跡も多く魅力の多い街です。

 

その国分寺市に新たなシンボルとしてcocobunjiWEST(西街区)とEAST(東街区)と名付けられたツインタワーが完成しました。

http://www.city.kokubunji.tokyo.jp/shisei/torikumi/kitaguchi/1018336.html

cocobunjiWEST5階は国分寺市が所有し、市役所の分所としての機能の他に市民ホールやデッキテラスのある屋上スペースなど市民の憩いの場として親しまれています。そのcocobunjiWEST5階公益フロアに「カフェローカル」様がOPENしました。「カフェローカル」は国分寺市東元町で営業されている「カフェスロー」様の新店舗となります。「カフェスロー」様は地域社会を見つめ直し、人と人との“つながり”から生まれる文化の発信拠点となる事をテーマに地元で17年間愛され続けています。

http://www.cafeslow.com/

今回プランを作成するにあたりオーナー様の強い想い入れがあった点は内装部材になるべく天然素材を使用したいとの事でした。カフェスペースの床には“東京・森と市庭”さんの多摩産スギを使用した床材を張り、柱や梁には杉無垢材をふんだんに使用しました。資材の搬入、現場での加工に大変苦労しました…。

国分寺カフェローカル④国分寺カフェローカル⑤

 

カウンター正面の壁面は黒板塗装を施し、メニュー等を書きこんでいただきました。カウンターのタイルと相まっていい感じです!

 

オープン後に弊社スタッフもランチをご馳走になりました。オーガニック野菜等を中心としたランチプレートで大変おいしくいただきました。

cocobunjiプラザ運営によるイベント等の会場としてもご利用いただいているようです。

https://twitter.com/koku_cocobunji

手作りグラノーラ等の販売もされています。

 

お子様連れでも気軽にお食事ができますので是非一度お立ち寄りいただきカフェスローさんのポリシーを感じてみてください。