店舗設計を通じ、街を未来をカタチづくります。

東京スペース

店舗設計を通じ、街を未来をカタチづくります。

文字の大きさ

2019年12月12日 09:44 ネッツトヨタ多摩㈱東大和店 リニューアルオープン

ネッツトヨタ多摩東大和店外観

 

ネッツトヨタ多摩㈱東大和店様が、東京都東大和市、新青梅街道沿いの東大和警察署横に前店舗面積を大幅に拡張し、2019822日にリニューアルオープンいたしました。2022~2025年を目途にトヨタ自動車では国内の全販売店全車種併売化の実施を目指していますが、東京都内のトヨタ販売店は41日より先行して全車種販売に踏み切り、ネッツトヨタ多摩様は東大和店様が新店舗としての1号店となりました。

当社は、設計・設計監理に携わらせていただき、無事オープンを迎えることができました。当日は、オープン前からトヨタ車ファンのお客様がお子様と一緒にお越しいただき、オープンを今か今かと待ちわびているご様子でした。

店舗は以前に比べ、敷地全体で2倍、店舗面積は4倍の広さとなりました。

旧店舗は三角屋根の一部二階建ての特徴的な建物でしたが、8mを超える高さの新店舗は、建物の大きさから受ける圧迫感をいかに軽減するか、且つ先進的なシャープさを兼ね備えた素材は何かを検討を重ね、凹凸のある金属サイディングを採用しました。キャノピーも広く配置し、お車でお越しのお客様が雨に濡れることなく入店いただけるよう設計いたしました。

 

建物南・西側には5mを超える透明フロートガラス張りの吹き抜けのショールームを配置し、床は柔らかな白色のセラミックタイルを敷き、明るい日差しが部屋全体を包み込むような開放感を演出しています。小さなお子様をお連れのお客様にも安心してご相談いただけるよう授乳室や待合い横にはキッズスペースも設けています。

ネッツトヨタ多摩東大和店ショールーム

整備工場では同時に4台の車両のメンテナンスができる作業スペースと1台の検査スペースが完備されました。床は機能性と美しさを兼ね備えたゴムタイル・ノラメントを採用しています。耐衝撃性、耐オイル性、防滑性、メンテナンス性にも優れた製品で作業効率も上がることが期待できます。

ネッツトヨタ多摩東大和店整備工場女子トイレ

 

トイレはホッとできる落ち着いた空間であるようにとのご要望から、高級感のある濃いブラウンとグレーを基調とした室内プランをご提案いたしました。女性の顔色が美しく映えるLED照明付のスタイリッシュな鏡を配置し、プライベートな空間も心地よく感じていただけるよう配慮しました。

屋根にはソーラーパネルが設置され、災害時等に地域の皆様に電源供給が可能になるよう万全の準備を整えていらっしゃいます。店内のモニターでは納車後の修理・点検作業の様子やソーラーの発電の数値等を確認することができます。

ネッツトヨタ多摩様のCSR基本方針の中に、『お客様第一主義』という信念に基づき企業活動をされているとあります。今回、設計を担当させていただき、その過程の随所でこの志しがスタッフの方に浸透していることを感じました。『お客様のために。地域にお住まいの方のために』とのお言葉を何度も話され、照明の明るさや音漏れに関しても細かに確認をされていました。お仕事をさせていただき、地域で愛され信頼される素晴らしい企業であることを深く感じました。