店舗設計を通じ、街を未来をカタチづくります。

東京スペース

店舗設計を通じ、街を未来をカタチづくります。

文字の大きさ

スタッフブログ

2018年06月08日 14:31 | スタッフブログ IZUMI TEIオープニングレセプションにご招待いただきました!

活気あるオフィス街に下町の風情が溶け込んだどこか懐かしさを感じる街、深川・門前仲町。東西線・都営大江戸線『門前仲町駅』を最寄り駅に徒歩1分。深川不動尊赤門を横目に、落ち着いたファサードの店舗『IZUMI TEI』が見えてきます。レセプション当日はたくさんのお祝いのお花が贈られ入口の扉が隠れてしまうほど。65日から7日まで3日間に渡るレセプションもオーナー様の交友の広さを感じました。

IZUMITEIIZUMITEI

 

店内は白を基調とし、家具類は木を使用、ポイントにロートアイアンを用い、和モダンバルにふさわしくクラシックの中にも新しい印象を与える内装に仕上げました。

バーエリアとレストランエリアの間の腰壁にはサンワカンパニーのモンドリーを採用。幾何学の美しい模様から眺めるテーブル席は西欧風でもありどこか和のモダンさも醸し出しています。カウンターのボトル棚、ワイングラスホルダーにもアイアンを採用。重厚感・高級感を演出しています。

IZUMITEIIZUMITEI

 

女性をターゲットにした店内には男女兼用のトイレの他、女性専用トイレ、パウダールームも完備しています。トイレは東リのロイヤルストーンモアルミナスの江戸切子を思わせる文様の床材を採用しました。江戸工芸の美しさと女性の肌を明るく反射させるミラー効果を感じていただければと思っています。

IZUMITEIIZUMITEI

 

ファサードはモダンさを追求するためにサッシ上枠の見えがかりを下がり壁で覆いました。下がり壁はジョリパットで質感を出し、店名ロゴをバックチャンネル文字にし、輪郭を浮かびあがらせ上品な印象を演出しました。

ロゴマークは、『和モダン』、『泉』の文字から連想し、いくつかの方向性でプランをご提案させていただき、現在のロゴマークに作りこんでいきました。オーナー様も気に入っていただいたご様子で、店内の備品やスタッフの皆様の制服のワンポイントにもお使いいただいております。ロートアイアンのイメージとロゴの持つ幾何学的な要素がうまくマッチして、店内をさらにスタイリッシュな印象に仕上げています。

IZUMITEIIZUMITEI

 

株式会社Enishiイノベーション様が経営される『IZUMI TEI』ですが、『IZUMI TEI深川めし姉御家』も同経営の店舗様です。アスリートフードマイスターの資格も取得されている統括マネージャー様のご提供されるお料理はすべて絶品でした。『もんなかの和モダンバル』としてこれから益々街を活気づけていただきたいと思います。

2018年05月30日 15:44 | スタッフブログ 家族の歯を守るファミリードクターとして

平成30年5月15日の横浜市緑区十日市場に『十日市場ファミリー歯科』が開院しました。JR横浜線 十日市場駅から徒歩7分。かわいいカンガルーのキャラクターが目印です。

看板受付

 

院長の正木先生は、ご自身も子育て中のお父さん。親としての目線からも不安や心配を少しでも解決できる『家族で通える医院』を目指し、治療の安全性に重点を置き、地域の皆さんのお口の健康について尽力していらっしゃいます。

正木大介院長診察室

 

大変共感したものに、『キッズクラブ』があります。
キッズクラブは、小さな時から予防に関心を持ってもらい、生涯に渡り自分の歯を大切に使ってもらえるようデンタルノートやフッ素洗口液等のプレゼントの特典が付いた入会金・年会費無料のクラブです。三ヵ月に一度の検診時には、三ヵ月分のミラノ―ル(フッ素粉)もプレゼントされます。ノートにはどんな治療を行ったか、お口の状態はどうか等が記載されていきます。お子様は検診が楽しく、親御様は予防の意識を高める上でも、また子供の成長記録のひとつとして活用できるものではないかと思います。

 

設備は、ダイアグノデント(歯を削らずにレーザーで歯内部の虫歯を探知する器具)や口腔内カメラ、デジタルレントゲン等、充実した最新機器を完備し、大人も子供も安心して治療を受けることができます。

 

WEB予約もでき便利。土日も開院しているので、平日働くお父さん、お母さんにも大変ご好評をいただいているとのことです。
詳しくは『十日市場ファミリー歯科』のホームページをご覧ください。

http://tokaichiba-shika.com/

2018年05月29日 17:28 | スタッフブログ 店舗のネーミングを探す・生み出す方法

出店をお考えの方、店舗名はどのように決めていますか?
ロゴをデザインさせていただく際、名前の由来をお聞きしています。オーナー様のお名前であったり、憧れの俳優さんであったり、故郷の名所であったりとさまざまです。

そこで、こんな面白い記事を見つけましたのでご紹介します。

 

ネーミング方法、ヒットする名前にコツと具体例

【参考記事】
https://tips.lancers.jp/articles/721/

そこには、大きく4つの方法が書かれています。

1.ビジョンや目的から考える方法
2.Google翻訳活用方法
3.二つ以上の単語を組み合わせる方法
4.頭文字をつなぎ合わせる方法

 

1.ビジョンや目的から考える方法

起業するにあたってどのような想いを込めたのか、どんな会社にしたいのか、どのように社会に貢献したいのか、など思いつくままに単語を挙げていきます。そしてもうこれ以上出ないという限界まで達した後、最もビジョンを表せているものを抜き出していきます。半分まで減らし残りをグループ化することを繰り返し最終段階まで残ったものから考えていく方法です。

 

2.Google翻訳活用方法

キーワードが明確な場合、Googleの翻訳サービス等を利用し世界中の言語の中から響きのいいネーミングを見つけるという方法があります。100以上の言語から探すことができるので思いもよらないぴったりの単語が見つかるかもしれません。

 

3.二つ以上の単語を組み合わせる方法

複数の単語を組み合わせることで新しい言葉が見つかることもしばしば。私が真っ先に思い浮かぶ社名はタイヤ・化学工業製品メーカーの『ブリヂストン』です。創業者の石橋正二郎氏の石(ストーン)と橋(ブリッジ)からストーンブリッジとなり、これでは語呂が悪いと反転しブリヂストンになったとか。パズルみたいで面白いですね。

 

4.頭文字をつなぎ合わせる方法

関係するキーワードを集めて、並べ、その頭文字を組み合わせる方法です。例えば、携帯電話通信事業者のNTT Docomo。名前の由来は、Do Communications Over the Mobile Networkの頭文字をとってDocomoになったそうです。個人的には最後のNを含め、Docomonが『くまもん』みたいでかわいいかなとも思いますが。
香川県にあるテーマパークの『レオマワールド』。2000年に閉館、2004年にニューレオマワールドで再出発をしましたが、こちらは創業者の大西氏が『レジャーは 大西(オオニシ)に 任せろ(マかせろ)』でレオマワールドになったとか。なんとも勢いがあって創業者に意志の強さを感じます。

 

すばらしいネーミングが見つかったら、他の企業で使われていないか、ドメインが取得できるかなど調査することが大切なようです。同じ名前の店舗が出店予定の地域にすでにあったり、ホームページを作りたいのにそのドメインが使われていたりしてはせっかく考えたものが台無しですね。

世界に一つだけの店舗として発展できるような素敵な名前が見つかるといいですね。