1. HOME
  2. コラム
  3. WORKS
  4. 豊島区某眼科

豊島区某眼科

豊島区某眼科

豊島区某眼科

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都北区豊島5丁目Ur都市機構豊島5丁目団地内1階の空き店舗に眼科を開業したいとお声がけをいただきました。豊島5丁目団地は大きい団地で、5,600世帯の方々が住まわれており、半分以上の方が高齢者という土地です。
3社相見積もりの中、対応力の速さを買っていただき弊社にご依頼をいただきました。

概要情報

名称:
豊島区某眼科
業種:
眼科
所在地:
東京都豊島区
面積:
270.01㎡
竣工年月:
2022/7

hidamarieyeclinic2.jpg
hidamarieyeclinic4.jpg
hidamarieyeclinic5.jpg
hidamarieyeclinic6.jpg

空き店舗は居抜き物件で、工事費用を抑えるために既存利用のできる部材を検討し、天井軽鉄を残す形で7月1日の開院に向け、4月5日に工事が着工しました。着工までの準備期間も少なく、お施主様のご要望を細かくヒアリングしながらのスタートとなりました。

昭和47年竣工の築50年の建物で、着工初日から上階からの漏水や排水管の老朽化が見つかり、多くの問題を抱えながら、その都度お施主様とUr都市機構と調整を行い進めて行きました。

お施主様は、院内を草木の茂る熱帯雨林をイメージされ、木目を多く取り入れた明るく温かみのあるものにしたいとのご要望でした。
手術室、待合室、診察室、スタッフルーム、リカバリールームを広く、ミーティングができる大きさのスタッフルームを設置。待合室には男女別のトイレとだれでもトイレ、院内バックヤードにはスタッフトイレを完備、感染症対策として自動水栓付の手洗いシンクも多く配置したいとのご依頼でした。

院内の床は木目の塩ビタイルを採用。ノッティオーク(節のある)の木目を選択し、熱帯雨林に生える動きのある樹木のイメージに近づけました。
院内の壁は白を基調に待合室はアクセントカラーの赤土の大地をイメージしたダルトーン色の壁紙、リカバリールームには、植物柄の模様の南国風壁紙を使用し変化を付けています。
壁面には壁や柱をおしゃれに演出できるウォールグリーンを採用しました。シダやつる植物などの熱帯植物を中心に配置し、カフェのような雰囲気を演出しています。

トイレのピクトサインは、眼科のシンボル的なCマークの『ランドルト環』をモチーフにし、デザインに取り入れています。

お引渡しの際には、お施主様にご満足いただき『完璧です!』とのお言葉を頂戴し、設計者、施工者共に安堵いたしました。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CONTACT

お問い合わせ